プレスリリース

2019年4月26日
株式会社ZERO TO ONE

ライドシェアの「nori-na マップ」、相乗り代の 20%を寄付
GW期間中、相乗り代を東北地方復興支援に

 

国内最大級ライドシェアアプリ「nori-na マップ(ノリーナマップ)」を運営する、株式会社 ZERO TO ONE(本社:横浜市青葉区、代表取締役会長:石田誠)はゴールデンウィーク(以下、 GW)期間中に発生した相乗りの相乗り代(相乗りが完了した際に同乗者からドライバーに支払われるガソリン代などを含む実費相当の金額の20%を公益財団法人ハタチ基金を通じて東日本大震災で被災された方々に寄付いたします。

 

◆車を使って社会貢献したい
nori-na マップは車を使って社会に貢献したい、恩返ししたいというビジョン(思い)から始まったサ ービスです。多くの方々のお力添えのおかげでサービスを使ってくださる方々は着実に増えています。今後は、ビジョン実現に向け過疎地においてnori-na マップを活用することにより、スムーズな移動を実現し社会に貢献できるよう、様々な試みを行っていきます。
今回の試みに加え何かできることはないかと考えたときに、nori-na マップを運営する中で東日本大震災の復興状況に関して話を聞く機会がありました。自分より若い多くの方々が震災で両親を亡くしながらも頑張っていること、ただその方々が大人になるまでの支援がまだまだ不足していることなどを知りました。その時、今まで意図せずとも目を向けてこなかった現実を知り、微力ながらも貢献したと思ったのが今回の試みの始まりです。

また、この思いを nori-na マップを使っていただいているドライバーさんにお話した際には「自分も協力したい」「直接、被災地に行って協力することは距離的に難しいけど、何か力になりたい」といった力強いお言葉を頂き、背中を押していただきました。
相乗り代という高くない金額のさらにその 20%と、寄付金は少額です。GWという車移動が多くなり相乗りの発生回数増加が見込まれるこの時期だからこそやる意味があると感じ今回の取り組みを行うことにいたしました。

 

◆相乗り代金寄付に関する詳細

・寄付の方法に関して
GW期間終了後に弊社が取りまとめ寄付いたします
※寄付総額等の情報に関しましては後日改めてご連絡いたします

・寄付の対象となる相乗り
2019 年 4 月 27 日から 5 月 6 日までの間に乗車完了した相乗り

・寄付先
公益社団法人ハタチ基金

 

◆nori-na マップとは

 

空席を持つ車のドライバーと、相乗りしたい同乗者をマッチングする相乗りアプリです。音楽フェスやス ポーツ観戦、アクセスの悪い場所で開催されるイベントなどに行くユーザー同士を結びつけます。移動の際に生じるガソリン代・高速代などの実費相当を相乗り代として同乗者からドライバーにお支払いすることにより、移動費を抑えながらイベントという共通の趣味を持つ仲間との楽しい車内空間を実現します。

nori-naマップHP:http://www.norina.jp/

 

nori-na マップは今後もイベント、自治体、スポーツ団体、企業等との連携を積極的に進め、「車を使って社会貢献したい・恩返ししたい」という思いを実現します。また、長距離移動や過疎地公共交通を担う交通インフラとして「ライドシェア」を活用いただけるよう、サービスの提供を行ってまいります。

社名 : 株式会社 ZERO TO ONE
所在地 : 神奈川県横浜市青葉区榎が丘 7 番地 22
代表者 : 石田 誠(代表取締役会長)
会社HP: https://www.zerotoone.co.jp/

 

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社 ZERO TO ONE 中尾(なかお)
住所:神奈川県横浜市青葉区榎が丘7-22 
TEL:045-984-0021  
E-mail:info@zerotoone.co.jp