ここで働くことで
自分自身が
成長できると感じた

勝本 裕也 Yuya Katsumoto

ここで働くことで
自分自身が
成長できると感じた

勝本 裕也 Yuya Katsumoto

ここで働くことで
自分自身が
成長できると感じた

勝本 裕也 Yuya Katsumoto

ここで働くことで
自分自身が
成長できると感じた

勝本 裕也 Yuya Katsumoto
  • 就職活動で大変だったこと

    katsumoto

    私が就職活動で大変だったことは自分の長所探しです。いろいろな面接や面談で長所を聞かれることがありました。もちろん一般的に自己分析といわれるものはしました。しかし、自己分析をすればするほど自分には長所がないと考えるようになりました。

    パソコンに関するスキルがあるわけでもなく、リーダーシップがあるわけでもなく、何事をするにも要領が悪く取り柄のない存在だと思っていたからです。そのため、長所を聞かれるたびに自信をもって答えることができずうまくいかない面接が多くありました。

    そんな中、ZERO TO ONEの面談で代表河野さんとお話しさせていただく機会がありました。それまで短所・欠点だと考えていたものが長所になりうるということを教えていただきました。それ以降は自分を見直すことができました。自信を持って長所といえるものを話せるようになり、要領が悪いということは着実にことをこなしている証拠であり、パソコンスキルやリーダーシップがないということは同じ立場の人の気持ちが理解できる人間になれると考えるようになりました。

    ZERO TO ONEを選んだ理由

    katsumoto

    私がZERO TO ONEを選んだ理由は、ここで働くことで自分自身が成長できると感じたためです。代表の河野さんやビジネス責任者張さん、採用担当権平さんなど選考の過程で関わっていただいた方々と話をさせていただいたり、社内を見学させていただいたりした際に、様子を見てそう感じました。

    特に印象的だったことは面談でビジネスのことを学生である私にも解るようにかみ砕いて話していただいたことや、社員の方が敬意を払いながらも代表の河野さんと気さくに会話していたことです。それまで就職活動をしていて、いろいろな人や様々な企業さんと接する機会がありました。そんな中で確かにすごいと思う人や多くの利益を上げている企業さんはありました。しかしZERO TO ONEは素晴らしい人々が働いている会社だと感じるだけでなく、学生に対する思いやりを感じました。

    特に私は大学に編入学したということもあり取得単位数が少ないため、授業があっても面談できるようにSkypeでの面談を取り入れていただいたり、講義を優先して会社に伺うことを免除していただいたりとサポートをいただきました。このようなことから優秀な人々の中でもまれ、思い悩んだときには協力し合う環境で他ではできないような成長ができるのではないかと思いZERO TO ONEで働きたいと考えました。

    入社後に実現したいこと、なりたい像

    katsumoto

    私は入社後にお金を稼げる社会人になりたいと思っています。とにかくお金を稼げる人になりたいです。あまりきれいな話ではないかもしれませんが、現実問題として生きていく上でお金は非常に大切だと思います。

    私は生活に必要なものが買えなかったことなどこれまでの経験上、その大切さを実感してきました。稼げる人とはそれだけの見返りを払う価値がある人だと思います。会社ひいては社会にとって価値が高く、必要とされている人が稼げる人だと考えています。お金を稼げる人になりたいということは単に億万長者になりたいという意味だけでなく、同時に社会に貢献できる人になりたいという意味です。また、私には将来ハワイに一軒家を買い、そこでゴールデンレトリバーを2頭飼うという夢もあります。そのためには当然たくさんのお金が必要です。

    このようなことを踏まえて、私は入社後、社会に貢献するため、自分の夢を叶えるためにお金を稼げる社会人になりたいです。

  • 勝本 裕也さん
    出身地:長崎県
    大学:神戸大学 法学部
    職種:ビジネス職
    採用担当からひとこと 誠実で明るくユーモアがあり、いつの間にか人の懐にはいってしまう人柄。「勉強嫌い」でありながら自分の将来と向き合ったすえ、ハイレベルな環境への編入を決意し見事合格。成長意欲と最後までやりきる力には目を見張るものがあります。現在は内定者のリーダー的ポジションですが、ZERO TO ONE全体を引っ張る存在になってくれると期待しています。