2017年5月8日

SUPER GTで流し撮りノック

  • 5/3にSUPER GT Round 2 富士スピードウェイへ行ってきました。

    速い速い!想像以上に速い!
    感動しました!

    2016年にツインリンクもてぎへも見に行っていますが、富士スピードウェイは凄くみやすいですね。
    駐車場の配置もそこまで分かり難い事もなく、良かったです。

    と、ただ楽しむのも良いですが、外出時・イベント参加時こそ修行のチャンスですよ。

    普段、なかなか出来ない“流し撮り”の特訓をさせていただきました。

    私なりに掴んだコツ(フロント側撮影/オートフォーカス前提)

    1. シャッタースピードをある程度遅くする必要がある。
      今回、私が最終的に落ち着いたのは1/125〜1/200です。
    2. フォーカス位置を中央よりもクルマの侵入側に設定しておく。
      クルマが右から侵入してくる場合は、中央より右側に設定しておく。
      こうしないと、反応速度が間に合わず、通り過ぎる際にシャッターが切られてしまったりする。
    3. フォーカスのモードはピンポイントで、手前ヘッドライト付近を追いかける。
      ピンポイントでフォーカスする様に設定しておき、手前側のヘッドライトを追いかける。
      こうしないと、企業名ステッカーなどにフォーカスが奪われ、ピンぼけした印象になる。
    4. 思っているより、身体の回転を早める。
      個人差があるとは思いますが、自分の脳内イメージ以上に、クルマは速かったです。
      思っている以上に早めないと、クルマに追いつきません。
    5. 身体の回転速度は一定ではダメ。
      遠近感とサーキットの形状が結構なクセモノですね。
      撮りたいクルマが遠くにいる段階では回転速度としては遅く、クルマが近づいたり、自分とクルマの進行方向の角度が増せば回転速度を上げる必要がある。クルマが通り過ぎる速度だけを意識する事が大事。
    6. 進行方向が真横とは限らない。
      基本、斜めだと思います。
      クルマの進行方向が斜めであれば、それに合わせてカメラ・自分の身体も斜めに動かす必要がある。
    7. 連射しながらのフォロースルーが有効。
      スポーツ用語ですが。
      クルマを追いかけ、シャッターを切るわけですが、フォロースルーを入れるとピントが合いやすかったです。
      クルマが完全に走り抜けるまで、しっかりと追い続ける。

    以下、実際に撮った写真の中から。
    全てNikon D500 + AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDにて撮影。


    ちょっと遠め。
    合わせやすいと思いきや、斜めなのが意外と難しい。
    [焦点距離:112 – F値:8 – 露出時間:1/200]


    ド真ん中。
    はっきり言って、運でしか無かったです…
    クルマの移動と自分の身体の回転が一致するまで、撮ってはクルマが来るのを待ってをひたすら続ける。
    本当にノックです。
    [焦点距離:135 – F値:8 – 露出時間:1/200]


    ちょっとピントが合うタイミングが遅かった物。
    これはこれでスピード感があって嫌いじゃないです。
    [焦点距離:140 – F値:10 – 露出時間:1/125]

    実際には他社様のクルマも含め、撮りまくっていますが、TEAM UPGARAGE with BANDOHで許容できる物は以上…
    難しかったです。

    以下、その他の写真。


    ピットに入る際は減速するので、慣れるのに良かったと思います。


    ピットイン。
    カッコ良いです。


    ドリエンライブ。
    凄く盛り上がっていました。


    本当に凄い人でしたよ。
    隙間をぬってしか撮れず…


    中山選手が実際に使っていたバイザー、グローブなどのグッズプレゼントをかけてクイズ&ジャンケン大会も。
    アップちゃん(中央)の動きがコミカルで可愛いです。


    ドリエンも可愛いです。


    実際に使っていた物をプレゼントだなんて、ずいぶん豪華ですね。


    弊社新人のオカジです。
    ステージの練習を見ていたのですが、練習からは想像できない上手さでした。
    オカジは本番に強いという事でいいですか?


    なんと、移動式のセブン銀行が。
    物凄く便利ですね。
    屋台で沢山食べたくなっても、グッズが欲しくなっても、これがあれば大丈夫!
    安心して楽しめますね。

    一応、念のため、セブン銀行カーの写真は望遠レンズではないです。

    SHARE THIS
AUTHOR
ABOUT THIS BLOG
横浜市青葉区で働くWEBデザイナーのブログです。
WEBを中心としたデザイン制作や職業に興味がある方へ向け、日々の活動や学んだ事などを発信します。
WANTED
  • 株式会社ZERO TO ONE ではWEBデザイナーを募集しています。
    中古カー用品・バイク用品のECサイト「Croooober」や、ライドシェアアプリ「nori-na」、カーメディアサイト「areaAgnes」などの自社サービスを展開中!
    クルマ・バイク業界を一緒に盛り上げて行きませんか?