2017年2月19日

日本デザインセンター画像制作部 作品展「Format ⇄ Non Format」(日本デザインセンター)感想

  • ■概要

    http://visual.ndc.co.jp/focus/450/


    ■結果・感想・学び

    • やはり、目的がはっきりしないと、伝わらない。
      私の様に「何かを吸収する」という様な目的がなく、ブラリと来た人になら何か伝わるのだろうか。
      いやいや、この手の展示会に目的も無く来るだろうか。
    • 私は、ただ「綺麗」「美しい」からは脱したいと改めて思いました。

    ■以下、気になった所など細かな事

    ◎カラーコーンと支線ガード

    「世の中には意味のない場所に追いやられているカラーコーンがある>哀愁や艶めかしさを感じる」という様な内容。
    この作品のみ、しっかりとコンセプトの掲示があった。
    確かに、カラーコーンは風景の中では無意味で異質な事が多いが、不思議とカメラを向けたくなりますし、共感できました。

    ◎nowhere/insight/here

    撮影現場も含めた総合的な作品。
    完成品では無いものを完成品として見ている気分になり面白かったです。

    ◎家族写真

    家族の写真と住んでいる場所の風景であろう写真のレイアウト作品。
    と思いきや、外国人を含んだ個人ポートレートが並ぶ。
    個人ポートレートはそれだけを見ても家族とは判断もつかないし、風景とも結びつかない印象だった。

    SHARE THIS
ABOUT THIS BLOG
横浜市青葉区で働くWEBデザイナーのブログです。
WEBを中心としたデザイン制作や職業に興味がある方へ向け、日々の活動や学んだ事などを発信します。